ロゴ

アニメ関係の仕事に就く方法

アニメ関係の仕事に就きたい!と考えている人は、多いことと思います。しかし、どの道に進むのが正解なのか分からないものです。しかし、アニメ業界にパイプのある専門学校ならば、よりちゃんと自分の目標に合った道に進めるでしょう。アニメ業界の即戦力になるならば、専門学校に通うことが1番の近道だと言えます。

アニメ関係専門学校へ進学するタイミングの違い

高校卒業後に進む場合

高校卒業後、すぐに専門学校に進む選択肢だとより早くアニメ関係の職につくことが出来るでしょう。コースも3年制だけではなく、2年制もあり、より早い段階でアニメ業界で活躍することが出来るので、早く就職したい方は高校卒業後の進学がおすすめです。

大学・社会人後に進む場合

大学卒業後やある程度社会人の経験を積んで進む選択肢でも、十分に早くアニメ業界の職に進む事が出来るでしょう。なぜなら、業界としっかり繋がっていて、就職へのサポートが行き届いているからです。

入学までの流れ

原稿

資料請求

まずは、無料で請求出来る資料を請求しましょう。アニメの事が学べるコースの事や詳しい概要や学費の詳細、願書もついています。その他にも、遠方の方向けの物件情報が同封されている場合もあります。

学校見学

次に、専門学校に見学に行きましょう。オープンキャンパスは、土日に開催されている事が多いです。また、有名アニメを手がけるアニメーターの講演会も一緒に行われる事がありますので、学校見学を敷居が高いなと思わず、まずは行きたいと思った学校は見学申し込みをしましょう。

出願

学校見学も終わり、決意を固めたら出願し、入試に臨みましょう。入試には3つ種類があります。AO入試、学校推薦入試、一般入試です。ですが、この中で出願するなら、AO入試がいいでしょう。なぜかというと、AO入試は選考方法が作文、専門学校によっては作品アピールでの選考が行われ、学力に関しては考慮しないからです。学力では無く、将来への目標を評価します。この一次審査を通り、二次審査で実際に志望動機などで専門学校への熱意を審査され、それが評価されたら見事合格に繋がります。

アニメのプロを本気で目指すなら!専門学校に行こう

絵を描く

「アニメの専門学校は行かないほうがいい」は間違い

よく「アニメ関連の専門学校には行かないほうがいい」などという言葉を耳にしませんか?その理由によく上がるのが、「独学でも出来る」「専門学校は別にアドバンテージが無い」などです。しかし、いくらソフトが安くなっていて、独学でアニメを作る事が出来る環境があっても、専門学校のプロさながらの設備には負けますし、講師や仲間から作品の評価を貰える場所は大切ですよね。ですので、本気でアニメのプロを目指すなら、作品展示会などでスカウトなどもあり、より自分の作品を業界の人に見てもらえる機会が多い専門学校がおすすめです。